参った、参ったぁ(^_^;)

今日、楽屋にお花が届きました。
劇場受付の人と、制作のお姉様が何やら困惑してザワザワしている。
じゅん様、いつものようにベンチで休息していると、いつもいつもお世話をかけっぱなしの、感謝しても足りない位、みんなの事を見守っていて下さる制作のスーパーキャリアウーマン、そして、このじゅん様の事も、まるで幼稚園児を扱う先生のように優しくして下さる松本さんが側に寄り、「あのぉ?、じゅん様、つかぬ事をお聞き致しますがこの名前に心当たりはありませんか?」と言いながら宅急便の伝票を差し出したのです。何だろう?と思いながら見てみると伝票には(青山劇場内、よかにせトリオ様)

ぶほっ?っ!!∞@#◎※☆!!

「・・・。はい、あのぉ・・・スミマセン。僕です(汗)」
「ええっ!そうじゃないかと思ってはいましたが何ですか、これ?受付の方が受け取ったのはいいんだけど、こんな名前の人出演してないし、どなたかプライベートでトリオを組んでる方いらっしゃいますか?と言われましたよ?(^_^;)」と言うではありませんか。もう、じゅん様大爆笑!
実は、よかにせトリオとは斉ちゃんとじゅん様とうちのマネージャー兼後輩の翔君とで鹿児島のイベントでベティママとゲストで呼ばれた時に付けられたグループ名なんです。制作の松本姉さんとたまたまその時の晩餐会に出席なさっていた方が翔くんとめちゃめちゃ仲良くなり、翔くんが『自分は出ていないけど良かったら是非』と、クラウディアの宣伝をしてくれて観に来て下さる事になったのですが、その方からのお花の差し入れだったのです(^^)。
でもまさか「よかにせ?」で来るとは(^o^)
因みによかにせって鹿児島弁でイケメンの事を言うのだそうですよ(笑)
更に爆笑したのは2つもお花を送って下さったのですが、もう一つは何と!「速水 翔様」で来ていたのです。出てないっちゅうの(爆)これじゃ受付の方もなんじゃろ?と戸惑うはずですね(^o^)
斉ちゃんにも話したら爆笑してました。
でも、田舎の人の真っすぐな、暖かい真心がそのまま現れているかのようなこの話にじゅん様、何故か心がホンワカして本当に嬉しかったです。本日は、またまたご迷惑をおかけしてしまった松本姉さんと一緒にお届け致しました。有難うございました(^0^)
  1. 終わってホッ☆
  2. ファーストクラス?!
Copyright © 神崎順 Web Site * Jewel All Rights Reserved.